FC2ブログ

絵本、子どもの本、映画、韓国のことを載せています。

papamama応援団絵本リスト

パパママ応援団からの依頼で、会場に置く絵本を紹介して欲しいと連絡がありました。

2011年のリストに加えたい本
『しごとば』鈴木のりたけ ブロンズ社・・・歯医者の仕事が詳しく載っています。
 大人が見ても大変興味深い仕事場です。
『サンドイッチ・サントイッチ』小西英子 福音館書店



2009年作成リストです

・・・・・・・・・・歯

ふしぎなボール(大型絵本) フィリパ ピアス、ヘレン ガンリー、 猪熊 葉子/訳 (大型本 - 1989/6)岩波書店
はははのはなし 加古里子 福音館書店
はがぬけたらどうするの?―せかいのこども セルビー ビーラー、ブライアン カラス (大型本 - 1999/5) フレーベル館
歯がぬけた (わたしのえほん) 中川 ひろたか 大島 妙子 (大型本 - 2002/5) PHP研究所
ロージー、はがぬける マリアン マクドナルド、 松野 正子/訳 (大型本 - 1993/9)
いーは と あーは (幼児絵本シリーズ) やぎゅう げんいちろう 福音館書店
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ 五味 太郎 偕成社 
むし歯のもんだい (福音館のかがくのほん) 北川原 健 福音館書店


・・・・・・・・・食べ物・生活

ちゃんとたべなさい (世界の絵本コレクション) ケス グレイ、ニック シャラット、 (大型本 - 2002/6) 小峰書店
ぜったいたべないからね ローレン チャイルド フレーベル館
きゅっきゅっきゅっ (福音館 あかちゃんの絵本) 林 明子 福音館書店
ぼくのおべんとう スギヤマ カナヨ アリス館
わたしのおべんとう スギヤマ カナヨ アリス館                                                                                                                                                    
あっちゃんあがつく―たべものあいうえお さいとう しのぶ みね よう (大型本 - 2001/3) リーブル
21世紀こども百科 食べもの館 (大型本 - 2007/9/14) 小学館
まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん) こにし えいこ (ハードカバー - 1999/5/15) 福音館書店
たべもの (幼児絵本シリーズ) 中江 俊夫 伊藤 秀男 (大型本 - 1994/1) 福音館書店
やさいのおなか (幼児絵本シリーズ) きうち かつ 福音館
やさいのせなか (幼児絵本シリーズ) きうち かつ 福音館
くだもの なんだ (幼児絵本シリーズ) きうち かつ 福音館
くだもの (福音館の幼児絵本) 平山 和子 福音館書店
おにぎり (幼児絵本シリーズ) 平山 英三 福音館書店
やさい (福音館の幼児絵本) 平山 和子 福音館書店
いちご 平山和子 福音館書店
サンドイッチ サンドイッチ (幼児絵本シリーズ) 小西 英子 福音館書店
まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん) こにし えいこ 福音館書店
りんごです 川端 誠 文化出版局
みかんです 川端 誠 文化出版局
いちごです 川端 誠 文化出版局
バナナです 川端 誠 文化出
がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本) (福音館 あかちゃんの絵本) 安西 水丸 福音館書店
しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん) わかやま けん 童心社
スプーンさん (ブロンズ新社のFirst Book Series) 中川 ひろたか ブロンズ新社
コップちゃん (ブロンズ新社のFirst Book Series) 中川 ひろたか ブロンズ新社
たべたのだあれ (どうぶつあれあれえほん) 五味 太郎 文化出版局
by アンジェリカの会

2010年作成
上記のないものだけ、下に加えました。
歯に関する本
『パオちゃんのみんなではみがき』作・絵/なかがわみちこ PHP研究所
『歯いしゃのチューせんせい』 ウイリアム・スタイグ/作 内海まお/訳 評論社
『おかしだいすき』 いもとようこ/作 岩崎書店
『ねずみの歯いしゃさんアフリカへいく』ウイリアム・スタイグ作木坂涼訳 セーラー出版
『もりのはいしゃさん ねずみのはいしゃさん』ふなざきやすこさく ふなざきよしひこ ならさかともこ /絵 偕成社
『海べのあさ』マックロスキー/作 いしいももこ/訳 岩波書店
『はいしゃさんにきたのはだれ?』トムハーバー/著 リン・チャップマン/絵 ひろはたえりこ/訳 小峰書店
『むしばぼくじょう』名木田恵子 講談社
『ゆうれいとなきむし』くろだかおる/文 瀬名恵子/絵 ひかりのくに
『よいはちゃん歯なし国へ』 丸橋裕子/著 PHP研究所
『トゥース・フェアリー妖精さん、わたしの歯をどうするの?』ピーター・コリントン BL出版 1998年
『はみがきごっこ』 きむらゆういち 長野ヒデ子 佼成出版社
『むしばミュータンスのぼうけん』 かこさとし 福音館書店
『はがぬけたときこうさぎは』ルーシー・ベイト/文, ディアン ド・グロート/絵 河津 千代 /訳 リブリオ出版
『だるまのマーくんとはいたのおばけ』 片山健絵 ポプラ社

食に関する本
『クマくんのバタつきパンのジャムつきパン』さく/柳生まち子 福音館書店
『クマくんのはちみつぶんぶんケーキ』さく/柳生まち子 福音館書店
『クマくんのおめでとうクッキー』 さく/柳生まち子 福音館書店
『もりのピザやさん』ふなざきやすこさく ふなざきよしひこ ならさかともこ /絵 偕成社
『きのみのケーキ』たるいしまこ/さく 福音館書店
『まんぷくでぇす』長谷川義史/さく PHP研究所
『いろいろごはん』 山岡ひかる/さく くもん出版
『からあげくん』『たまごやきくん』『おにぎりくん』 村上康成/さく 小学館
『かぼちゃスープ』 ヘレン・クーパー/さく せなあいこ/訳 アスラン書房
『しょうたとなっとう』 星川ひろ子/絵 星川治雄/写真 ポプラ社
『なっとうさんがね・・・』『とうふさんがね・・・』『おにぎりくんがね・・・』『たまごさんがね・・・』とよたかずひこ/著 童心社
『なっとう』 結城五郎/著 高部晴市(イラスト) 角川春樹事務所
『きょうはちょうどよいひより』 こいでやすこ *絶版
『おいしいものつくろう』 岸田衿子/文 白根美代子/絵 福音館書店 *絶版
『ばばばあちゃんとおべんとうつくろう』 さとうわきこ/さく 福音館書店 
『くんくんくんおいしそう』安部ちさと/作 福音館書店 *絶版
『まぜてとかしておりょうりしよう』西巻茅子/さく *絶版
『まよなかのだいどころ』センダック/作 じんぐうてるお/訳 冨山房
『つみくさにいったら』松竹いね子 
『いただきまあす』渡辺茂男/文 大友康夫/絵 福音館書店
『ちいさなあかいめんどり』バイロン・バートン/さく 中川千尋/訳 徳間書店
『まめ』平山和子/さく 福音館書店
『いっぱいやさいさん』まどみちお/文 斉藤恭久 至光社
『ヨウヨウとルウルウのとうもろこし』劉郷英/文 張治清/絵 福音館書店 *絶版
『いろいろたまご』 とりやまみゆき/ぶん 中の滋/絵 福音館書店
『しりとりしましょ』さいとうしのぶ/著 リーブル
『おなべおなべにえたかな』こいでやすこ/作 福音館書店 
『からすのパンやさん』加古里子/さく 福音館書店
『だいす えだまめ まめもやし』こうやすすむ/文 なかじまむつこ/え 福音館書店
『ばばばあちゃんシリーズ』さとうわきこ/さく 福音館書店    *たくさんあります
『いわしくん』 菅原たくや 文化出版局 
スポンサーサイト

思うままに・・・

5年くらい前から韓国ドラマに興味を持つようになり、ここ何年かは、K-POPにはまっています。韓国にライブにも行くようになりました。K-POPも最近では、市民権を得た単語となり、友人にも通じ、韓国文化が日本に浸透してきているように思います。今年は、ガールズグループの年ですよね。
ヨン様ブームが去ってから、一時期、韓流ブームは終わりを告げたとマスコミ等で言われていましたが、実際には、ヨン様ブームのように一人に集中して大きなうねりになるようなブームがなくなり、実際には、お気に入りの人は、それぞれ細分されてきていることを強く感じています。そして、一人に熱中するのではなく、韓流ファンは、一人で何人ものお気に入りの韓国俳優さんや、アーティストさんのファンでいることが多いようです。私もそうですし、周りの友人もそういう人が多いです。そして、一時のブームより以上に、ファンは確実に増えています。

ドラマ「アイリス」のさいたまスーパーアリーナのイベントにも行きましたが、あの座席事件が無ければ、イベント自体凄く見ごたえのある素晴らしい内容だったと思います。韓国では集まることが不可能といわれた俳優さんやアーティストさんたちを一堂に会するイベントにした、TBSの社運をかけた一大イベントでしたから。
残念なのは、日本で、大きなファンミーティングをしたりすると、韓国のファンから、本国の活動を大事にしていないなどと、逆にたたかれていまうことがあり、まだまだ壁があるのかなあ・・・というのが、率直な感想です。こんなにも、根強く日本に浸透した韓流が、良い形でもっともっと発展していって欲しいと思っているのは、韓流ファンすべての願いでしょう。

観ましたよ~!!

今日、「Surely Someday」観ました。

http://www.surely-someday.jp/index_pc.html

意外に面白かったです。
昨日観た「借りぐらしのアリエッティ」より、全然良かったと思います。

小栗旬初監督の映画として、凄く話題になっていますね。
今、プロモーション中なので、宣伝でいろんな番組に露出していますね。
この5人が主人公・・・
・映画「キサラギ」で共演した、小出恵介君
・舞台「ムサシ」で小栗君の後のムサシ役を引き受けた勝地涼君(同じ事務所)
・ドラマ「イケメンパラダイス」で共演した鈴木亮平君
・映画「クローズⅡ」「TAJOMARU」で共演した綾野剛君
・飲み友達のムロツヨシ君(ここだけちょっと違う)

この映画と舞台とドラマ、全部観ている自分が怖い(笑)

この5人の奇想天外なハイテンションムービーです。
よく練られた内容だなあ~~というのが、率直な感想です。

伏線もいっぱいあって、なるほど~~と思わせてくれますが、
すこし、まとまり過ぎちゃったかなという感じです。

ここからはネタばれなので、これから観る人はスルーしてください。

ライブ場面は、もっと迫力のある映像が欲しかったし・・・
そもそもライブをやる必然性があまり描かれていなかったのが残念でした。
(物凄く練習を重ねる場面がなかったので・・・)

面白いのは、豪華キャストです。
主人公になる5人も小栗君と関わったキャストですが、
脇役に至るまで、すべてそうなんです。

警官Aが、NHK大河「天地人」で共演した妻夫木聡くん
警官Bが、本人
敵役は、シェークスピア舞台「お気に召すまま」で共演した吉田鋼太郎さん。
この舞台も観ましたが、さすが、舞台役者さんだなあって、感心する演技でした。
映画の中では、物凄い存在感を放っていますから(笑)


至るところに、舞台や映画、ドラマで共演した俳優さんたちが
散りばめられています。

大竹しのぶさん(アリエッティでは、お母さん役でしたね。あまり好きな声ではなかったけど)
はお弁当屋の店員で出演シーンが少ししかないんです。
でも、いい演技でしたね^^
共演したことがないので、パンフに「いつかきっと」とありました。


エンディングロールで「上戸彩」って出てくるんですが、
本編では出てこないんです。エンドロール後のおまけの映像に出てきます。
(だから、終わったと思って席を立たないように・・・)
エッ?何の作品で一緒だったかな・・・ってわからなかったんです。
購入したパンフレットを観て、納得!
「あずみ」でした。そうでした^^

豪華キャストの演技も光っていたし、
冒頭の逃げるシーンのスローモーションの映像も良かったし・・・
ところどころにきらっと光る部分のある映画でもありました。

エンドロールの最後に、「監督 小栗旬」って出てきます。
なんだか、感動しますよ~

観て損はないと思います。
2度楽しむように、パンフレット購入もお勧めします。

★★★★☆かな。

留学生からみた韓国 その1


7/2○東保険センターにて、「留学生からみた韓国」という演題で
私の友人「○籐○子」さんに来ていただき、
最近の韓国事情についておはなししていただきました。

TTTさんから最終確認でお電話があったとき、
学校図書館のHPの夏の研修日程表を出すのに四苦八苦していたので、
「韓国の留学生」というタイトルで返事をしてしまったのかもしれないですね。
すいませんでした。
この演題だと、日本に留学に来ている韓国人という意味にとられてしまうかもしれないですね。

彼女とは、お勤めしていた学校で2年間一緒でした。
韓国語を習っていて、韓国ドラマやK-POPのことをたくさん知っていたので、
私は、CDやDVDなどを借りていました。

夏休み1ヶ月間を、韓国語習得のために短期留学したのが2007年夏のこと。
その翌年、長期留学で2008年6月から、ずっと韓国です。

私は韓国にたびたび出かけるのは、彼女がいるからです。
いつも、美味しい料理店に案内してくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この日は、終わりの時間が決まっていたので、
最初に集合写真を!

     0c22c8967ae1453ce3f7a7a86e336c6d.jpg


アットホームな感じで進めたかったので、
お茶とお菓子を食べながらの講座にしました。


20100705 お茶とお菓子50

本当は、他のお茶とお菓子を準備したくて、前々日に買い物にでたのですが、
カルディには、調理用の食材はあっても、飲み物系はこれとなつめ茶くらいしかないし・・・
お菓子は、全くありませんでした。
韓国フェアのときしか、カルディでも注文しないのだそうです。

パルコの地下にも輸入食材をおいてあるお店があるのでいきましたが、
韓国ラーメンばかりでした。

いつでも手に入ると思っていたら、大間違いでした~

みなさんよくご存知のゆず茶になってしまい申し訳ありません。
お菓子は「オクセハンカァ」(餅米韓菓)というそうです。
私も、名前は知りませんでした。
早速、○子さんに教わりましたね?

もち米を使ったふわっとしたお菓子に甘い蜂蜜と砂糖がかかったお菓子です。
先月、新大久保で買いました・・・買っておいて良かったです(そして食べないで)
ブラウニーは、普通においしいお菓子として、先月の韓国旅行の際に、
ロッテデパートで買いました(これも食べなくて良かった~)

本当はこんな風にしたかったんです。

インサドン 韓国伝統茶

これは、昨年韓国のインサドンという町に行った際に
入った韓国伝統茶をだしてくれるお店です。

この赤い飲み物が「オミジャ茶(五味子茶)」といい、甘酢っぱくて美味しいのです。
この店では、生のスイカとナシが入っていました。
その横のお菓子が「オクセハンカァ」ですね~

それから、K-POPを、私のセレクトでCDにしたものをBGMで流しました~
みなさん、お判りいただけました?

今回は部屋の装飾もしたかったのですが、
午後からの用事のため、簡単に部屋の後ろにいろんなものを並べましたが、
時間がなくて見てもらう時間がなかったですね。

テーブルの真ん中においておけばよかったと、後から反省しました。

さて、前置きはこのへんにして、その2で本題「留学生からみた韓国」のお話をします。

○立美術館にて

日曜日に、県立美術館の
「トリノ・エジプト展」に行ってきました。
韓国のサクラちゃんが一時帰国だったので、
サクラちゃんと、Cちゃんと、Mさんと4人でです。

・・・・・・・・・凄く良かったですよ~


HPに、「日本でも、現地の演出法を取り入れ、2メートル級の大型彫像をドラマチックに演出します。」

今回の見所はそこです!
イタリアのトリノ美術館に則した展示がしてあったからでしょうか?
いつもと違う県立美術館の空間にわくわくしました~

さすが、トリノ美術館を監修したなんとかという有名なデザイナーによるものだなあと
感心しました。

だから、ただの「エジプト展」ではなく「トリノ・エジプト展」なんですね。


http://www.fujitv.co.jp/events/torino-egypt/index.html

神戸・福岡・仙台・東京、そして最後が静岡なんですね~
東京会場のチケット販売の方法なんか見ると、
チョコとセット販売だったり、山岸涼子さんとのコラボチケットだったり・・・
面白い販売の仕方をしていますね~
そう考えると・・・静岡・・まだまだだなあ・・・なんて思います。

もっといっぱい回っているのかと思ったら、会場これだけなんですね。
だから、あんなに混んでいたんだ・・・と納得!!
県立美術館の一年の入館者数のほとんどを、
この展示で稼ごうという気合が感じられます!

駐車場、土日は入れないことが予想されますから、
10時には、駐車場に着いたほうがよさそうですよ!

エジプトに関してはあまり詳しくないですが、
新婚旅行で大英博物館に行った際に、時間がないので、
ここだけは観て下さいといわれたのが、「エジプトの展示」でした。
主に、ミイラが多かった記憶がありますが・・・
やはり、エジプトの出土品などは、それぞれの美術館で目玉なんでしょうね。

今回は、ミイラもありますが、それよりも
そのほかの石像などが素晴らしかったです。
エジプト・・・そんなに詳しくなくっても十分に楽しめますよ~
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

こぎつね

Author:こぎつね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
My Favorite
ブログ内検索
BIGBANG
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード